家事の時短をサポートする生活応援サイト

>

掃除も新旧家電を使えば負担を抑制可能

負担の大きい掃除は時間以上に忍耐が必要

いくつかの家事統計によれば、家事において要する時間と負担は必ずしも比例関係にあるわけではなく、料理に費やされる時間が最も長いという統計に反し、時間的には料理よりも所要時間が短い掃除の方が負担を感じるという割合が非常に多く、比率にして掃除3、料理1ほどの割合であることから、時間と負担の両方を考慮すると、家事の中で掃除を負担に感じる方が最も多いと言えるかも知れません。

時間に反し、掃除が料理以上に家事としての負担が大きいとされる要因に、単純な労力の差異よりも、家事としての性質の差異が家事負担としての比率を引き上げていることが想定され、料理の方が家族に食べさせることを前提とする、レスポンスを得やすい家事であるのに対し、掃除は生活環境の維持という点で重要ではあるものの、家族からのレスポンスを得にくい家事である点が挙げられます。

掃除も新しい家電で負担を減らせます

家族からのレスポンスを得にくい上に、料理に次いで家事時間の割合を大きく占める掃除は、効率化を図る上での阻害要因となりやすいこだわりを持つ必要性が薄い家事なので、効率化や時短法を取り入れる際に、従来の方法との間に差異が生じても、比較的妥協がしやすいことが多いため、時短との相性に優れています。

よって、掃除の時短には時短術であれ、掃除用家電の利用であれ、最適に行いさえすれば、ある程度の時間短縮効果が見込めるでしょうが、素直に新型の掃除用家電を使用する方が負担は小さい上、家族からのレスポンスを得にくく、やりがいを感じにくい方が決して少なくない掃除のために、わざわざ何かを覚えるという手間をかけずに済むでしょう。


この記事をシェアする